知っておきたい横浜のドッグランの選び方

昨今のペットブームは、勢いが衰える気配がありません。合い犬と一緒に楽しめるドッグランは人気で、横浜にも複数のドッグランがあります。そこで、横浜にあるドッグランの情報を解説します。ドッグランとは、ワンちゃんのリードをはずして自由に走り、遊ばせたりすることのできる施設のことです。リードをつけての日頃の散歩とは違い、思いっきり走らせてあげることができるので、大切なワンちゃんの運動不足やストレス解消にもなります。横浜のドッグランには様々な種類があります。まずは料金設定から解説します。有料のものと無料のものがあり、設定も様々です。まず入会金や年間登録料(だいたい500円~2000円程度)を支払い、それとは別で時間制の利用料金を支払うかたちと、年会費だけで利用料金は発生しないなど施設によって違いますので施設に問い合わせましょう。また、大型犬と小型犬で利用料が違うこともあるので確認しましょう。

横浜のドッグランは種類が豊富。目的に合わせて選ぼう

次に、横浜のドッグランにはどんな種類があるのか紹介します。ドッグランは芝生や砂地が主流ですが、中にはウッドチップを敷き詰めたドッグランもあります。ウッドチップはワンちゃんの肉球への負担を軽減することができるほか、臭い対策や高温にならないといった特徴があります。大型犬と小型犬にゾーンがわかれている施設もあり、安心して利用することができます。講習会やしつけ教室などが定期的に開催されている施設もあり、ワンちゃんのことで悩みをもつ飼い主には嬉しいです。その他にも広大な広さを誇るドッグランや、ナイター営業をしている施設、柔らかいタイヤなどの遊具が充実している施設など多種多様で、目的にあったドッグランを選ぶことができます。また、室内のドッグランもいくつかあり、天候に左右されずに楽しめます。

マナーを守ってドッグランを楽しもう

横浜にあるドッグランは、ワンちゃんのトレーニング施設や医療機関が隣接しているところもあり、健康面でも安心して遊ばせることができます。ほとんどの施設で、利用時には今年度の狂犬病予防接種の証明書と、混合ワクチン接種の証明書の提示が必要です。飼い主の身分証明書や犬の鑑札が必要な場合もありますので、ドッグランを利用する際は持っていくのを忘れないようにしましょう。また、エチケット袋やワンちゃんがおしっこをした場所にかけるための水も持っていくようにしましょう。メスのワンちゃんの場合、発情期にドッグランに行ってはいけません。他の利用者に迷惑がかかるかもしれませんので避けましょう。愛犬家にとってとても魅力的なドッグランですが、みんなが気持ちよく利用するためにも、きちんとマナーやルールを知り、守ることが大切です。