横浜のドッグランを利用する時の注意点

ペットブームといわれる現在、3世帯に1世帯は犬や猫を飼っているといわれ、都心を中心にドッグカフェや猫カフェといったペットと一緒に食事を楽しめることや、ペットが飼えない人でも気軽に動物たちと触れ合える場所も増えてきました。また、最近ではワンちゃんが気軽に遊べるドッグランも増えてきており、今では公園や高速道路のサービスエリア、ドッグカフェに動物病院などさまざまな場所に併設されています。ドッグランは、ワンちゃんをリードなしで思う存分遊ばせることのできる施設で、ワンちゃんを飼っている人に人気の施設となっており、全国各地にワンちゃんが気軽に遊べるドッグランは増えていますが、中でも今注目を集めているのが横浜のドッグランです。横浜にあるドッグランは、自然を活かした施設も多く、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でも家族みんなで楽しめるところも多いので、まだドッグランに行ったことのない人にもおすすめです。

横浜にはさまざまなタイプのドッグランが充実!

今や公園だけでなく、カフェや動物病院、高速道路のサービスエリアなどさまざまな場所にあるドッグランですが、屋外型や室内型などタイプもさまざまで、横浜にも個性豊かなドッグランがたくさんあります。広大な斜面を活かしたドッグランをはじめ、海の近くにあるドッグランや、ショッピングセンターに併設されているドッグラン、住宅展示場にあるちょっぴり珍しいドッグランまでありますが、中でも特に人気なのが室内型のドッグランです。屋外型のドッグランもワンちゃんを思う存分遊ばせることができますが、室内型のドッグランであれば、雨の日や雪の日はもちろん、暑い日や寒い日でも利用することができるので、いつでも気軽に利用することができます。他にも、小型犬でも安心して遊ばせることのできる小型犬ゾーンのあるドッグランも最近は増えてきており、小型犬を飼われている人でも安心して利用することができます。

ドッグランを利用する際に注意しておきたいポイント

リードなしで愛犬を自由に遊ばせることができるので、ワンちゃんを飼っている人に人気のドッグランですが、ワンちゃんたち、飼い主さんたちがより安心安全にドッグランを利用するためにはマナーやルールを守った上で利用することが大事です。例えば、初めて愛犬をドッグランに連れて行く場合、多くのワンちゃんや飼い主さんがいてビックリするワンちゃんも少なくありません。そのため、愛犬をドッグランに連れて行く時は『待て』や『だめ』など最低限のしつけができていることはもちろんのこと、他のワンちゃんと触れ合う機会を増やし、他のワンちゃんが近くに来てもビックリしないように慣れさせておくことも必要です。また、最近では横浜にも小型犬専用ゾーンがあるドッグランも増えていますが、愛犬に目を離した隙にほかのワンちゃんとトラブルになってしまうこともある、ドッグランを利用する際、飼い主さんは決して愛犬から目を離してはいけません。