横浜のドッグランに持っていきたいもの

横浜のドッグランに持っていく荷物は、ほとんどがいつものお散歩に持っていく荷物と変わりません。それにプラスして持って行った方が良いものを紹介します。まずほとんどのドッグランでは、狂犬病の予防注射やワクチン接種済みの証明書が必要となります。ドッグランに行く時には、必ず準備をしておきましょう。ドッグランの中にはノーリード不可となっている施設もあるので、リードや首輪、ハーネスも必要です。ノーリード可の施設でも、初めて行く場所は犬が興奮しやすいので、慣れるまでは付けておいた方がおすすめです。そして基本的にフンは持ち帰りとなっているので、うんち用の袋や水、水入れもあると良いでしょう。おもちゃやおやつは施設によって持込不可のところもあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

横浜でおすすめのドックランを紹介

愛犬が楽しめるドッグランが横浜にはたくさんあります。その中でもおすすめのドッグランを紹介します。まず沢山の木や芝生が広がっており、散歩するのに最適な場所がある広場の近くにあるドッグランです。こちらでは犬のしつけについての専門知識を持っているトレーナーが常駐しており、小型犬と中型犬エリア、フリーゾーン、レッスンエリアに分かれている本格的なドッグランとなっています。次に広さが3,000㎡もある横浜で一番の広さを誇るドッグランでは、芝生を日産スタジアムの専門スタッフが管理しているため、いつでもフカフカな芝生で安全に楽しむことができます。最後はトレッサ横浜内にあるドッグランです。洋服や雑貨を扱っているペットショップもテナントとして入っているので、遊ぶだけでなく買い物も楽しむことができます。

横浜のドッグランをもっと詳しく紹介

横浜には愛犬を伸び伸びと遊ばせることができるドックランが沢山ありますが、実は愛犬を楽しく遊ばせるだけでなく、愛犬と一緒にご飯やおやつを楽しみながら過ごすことができるドッグランも人気となっているのです。ハワイアンの雰囲気が盛りだくさんのカフェでは、犬用のメニューも扱っているので、天気の良い日や夏にはおすすめの明るい雰囲気のテラスで一緒に美味しいご飯を食べることができます。また美味しいグリル料理が自慢のカフェでは、併設されているドッグランには足洗い場も設置されているなど、犬用の設備も整備されています。小型犬なら店内も利用できるなど、満足できるサービスが満載です。また中にはドッグランとホテルを併設したドッグランもあり、信頼できるスタッフが常駐していることからも人気となっています。