人気のある横浜のドッグランを解説

犬を飼い始めてから日が浅いという方の中には、これから横浜でドッグランデビューするという人も少なくありません。愛犬からリードを外して思いっ切り走らせる事ができるドッグランは、愛犬家なら是非連れて行きたいスポットの一つです。しかし、初めて連れて行く際には分からない事も沢山あるでしょう。そもそもドッグランというのはどのような場所なのか、正しく知らない方もいるかもしれません。ドッグランにはいくつかの種類があり、料金は無料であったり有料であったりと2種類あります。設置されている場所は室内や屋外など様々で、多くはショッピングモールや高速道路のサービスエリア、ホームセンターや遊園地などにも設置されていることがあります。ウチの子は小型犬だから他の犬がぶつかると心配と思う方も安心して下さい。スペースは広い所なら小型犬と中型犬に大型犬とそれぞれ分かれて遊べるようになっているところもあります。

横浜でドッグランデビューする為の基礎知識

ドッグランでは、犬用のおもちゃを使用していい場所と、そうでない場所にも分けられています。運動不足解消を目的としている場合は、あまり玩具使用が認められていない場所もあります。横浜のドッグランでも、スペースがあまり広くなければおもちゃの使用ができない場所もあります。そして、ドッグランにはルールがいくつかあります。一つ目は、扉を開けたままにしない事です。当然ですが、ワンちゃんは扉が開けられたままだとそこから脱走してしまう事があり、それを防ぐために二重扉にはなっていますが、それでも両方を開けてしまう事がないように注意して下さい。ドッグランの中での排泄にも注意が必要です。ワンちゃんが排泄した事に気づかずそのままにしていると、他のワンちゃんが踏みつけてしまう事もあり危険なので、飼い主が処理に来ない場合管理側から排泄を知らされる事もあり、気まずい思いをするので気を付けましょう。

横浜でのドッグランデビューは挨拶から

横浜でドッグランデビューをする際のルールは、他にもあります。一つはマウンティングで、これは他の飼い主さんが大丈夫と意志を示してくれても、やはりいい気がするものではないのでやめさせなくてはいけません。また避妊していないメスの子などもいるので、自分のワンちゃんが去勢していてもやめさせる方が穏便に過ごせます。吠えながら追いかけまわすのも相手のワンちゃんが怖がる可能性があるので、しつこくしてすみませんと一言謝るのを忘れないようにして下さい。また愛犬が可愛くても写真撮影には気を付けなくては、他の飼い主さんが写る事もあり嫌な思いをする可能性もあるのでこれも注意が必要です。入ったら先ずは挨拶をかわすなどコミュニケーションを忘れずにマナーを守り楽しく利用するのが、上手なドッグランの利用方法です。